ファイザー社の新型コロナ治療薬

こんにちは!
代表理事の保田です。

米製薬大手ファイザーは11月5日、開発中の新型コロナウイルス感染症治療の飲み薬が、臨床試験で重症化の恐れがある成人の入院または死亡のリスクが89%低下したと発表しました。

新型ウイルス経口治療薬「パクスロビド」は、重症化リスクが高い人に対し、発症からすぐに使用する目的の飲み薬で、3錠を1日2回、5日間服用します。

ファイザー社は、初期の試験結果が非常に良好だったことから臨床試験を早期に打ち切り、中間結果を米食品医薬品局(FDA)に提出する予定だとしています。

プロテアーゼ阻害剤として知られるパクスロビドは、ウイルスの増殖に必要な酵素を阻害するように設計されています。

プロテアーゼとは、ウイルスが人間の体内で増殖する際に、ウイルスの部品を切り出すハサミのようなものです。このハサミをブロックするのがプロテアーゼ阻害剤です。ハサミがブロックされると、ウイルスの部品を切り出すことができなくなるため、ウイルスの増殖を防ぐことができます。

モデルナ社が開発した、ウイルスの遺伝子コードにエラーを引き起こさせる薬よりも、安全である可能性が高いです。

ジョー・バイデン米大統領は、米政府がすでに数百万回分のパクスロビドを確保していると明らかにした。

ファイザーの会長兼最高経営責任者(CEO)のアルバート・ブーラ氏は、同薬には「患者の命を救い、(新型ウイルス感染症)COVID-19による重症度を抑え、10人中9人の入院を防ぐ可能性がある」と述べています。

イギリスのサジド・ジャヴィド保健相は、パクスロビドの治験結果は「信じられないほど素晴らしい」「これが承認されれば、我々が持つワクチンやほかの治療法と共に、新型ウイルスと闘うための重要な武器がまた一つ増えることになるかもしれない」とし、英医薬品規制当局がその安全性と有効性を評価すると述べています。

新型ウイルスに最近感染したハイリスク患者1219人を対象とした治験の中間データによると、パクスロビドを投与された患者の0.8%が入院したのに対し、プラセボ(偽薬)を投与された患者では7%が入院しました。

患者は症状が出てから3日以内に投与を開始していました。

プラセボを投与されたグループでは患者7人が死亡したのに対し、パクスロビドを投与されたグループで死者はいませんでした。

症状が出てから5日以内に投与を開始した場合では、パクスロビドを投与された患者の1%が入院し、死者はいませんでした。プラセボ(偽薬)を投与されたグループでは患者の6.7%が入院し、10人が死亡しました。

この治験には重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある患者が参加し、全員に軽度から中程度の症状がありました。

英リーズ大学メディカルスクールのスティーヴン・グリフィン博士は、「これらの抗ウイルス薬の(治験での)成功は、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)感染による深刻な結果を予防する能力における、新時代をもたらす可能性がある。また、臨床的に体が弱く、ワクチン接種を受けられない、あるいはワクチン反応が弱い人のケアにも、抗ウイルス薬治療は不可欠な要素だ」と述べました。

安全性が高く効果の期待できる内服薬が認可されれば、新型コロナウイルス感染症は季節性のインフルエンザのような感じになる可能性が高いです。

塩野義製薬の内服薬も、2021年内の国内供給準備完了に向けて順調に進捗しているとのことです。

長かったトンネルも出口が見え始めています。

引き続き予防に努めつつ、希望をもって生活しましょう!