もう36分の1が過ぎました。

 こんにちは、
 代表理事の保田です。

 まだ新年気分が抜けていないと思います。

 私は年末から熱を出してしまい1週間以上寝込んでしまい、症状が残っているため、いまだにエンジンがかかっていません。

 しかし早くも1月になって10日が過ぎました。

 1月の三分の一が過ぎたことになります。

 言い換えれば早くも一年の36分の1が過ぎたことになります。

 無理にでもエンジンをかけなければいけないと思っています。

 今日はこのような時に私がいつもやる方法を教えたいと思います。

 まずカラ元気でも「元気!強気!絶好調!」と声に出し、腹の底から笑うことです。

 すると自分の中に眠っている元気が引き出されます。

 それから今日やるべき課題を無理のない範囲で決め、ひとつずつ取り組んでいくことです。

 家族や友人などに課題を宣言して、自分を追い込むのもひとつです。

 
 誰かに宣言することで義務が発生します。
 
 宣言したことを実行しなければ、あなたは恥をかくことになるわけです。

 そう思うと、無理にでもやらなければいけなくなります。

 羞恥心をプラスに使うわけです。

 今年はじめに立てた目標を実行するにも、宣言して羞恥心を利用する方法は有効です。

 家族や友人ではなくSNSなどで第三者に向けて宣言するのでも有効です。

 昔から「有言実行」というように、言ったことは実行しなければと思うのが人の心理です。

 ぜひあなたも有言実行の力を利用してください。