治る認知症があるのを知っていますか?

 

こんにちは、

代表理事の保田です。

 

あなたは認知症と聞くと

治らないものだと思って

いませんか?

 

 

実は認知症のなかでも

治るタイプのものがあるんです!

 

認知症にはいくつかのタイプがある

のですが、多くの人が

 

認知症=アルツハイマー

 

と誤解しています。

 

 

確かにアルツハイマー型認知症の割合は

認知症全体の約50%を占めており、

最も多い認知症ではありますが、

他にも様々なタイプの認知症が

あります。

 

 

ここでアルツハイマー型認知症に

ついて簡単に説明しておきます。

 

アルツハイマー型認知症とは

記憶を司る脳の海馬という部分を

中心に、脳の神経細胞が死滅して

海馬が萎縮していくものです。

 

はっきりとした原因は分かって

おらず、有効な治療法もありません。

 

女性に多く物忘れや

徘徊、物盗られ妄想

などの症状があらわれます。

 

認知症→アルツハイマー→治らない

 

と連想するため、認知症はすべて

治らないものだと誤解されている

ようです。

 

しかし残りの半数はアルツハイマー型認知症

以外の認知症なのです。

 

アルツハイマー型に次いで多いのが

レビー小体型認知症で約20%、

その次に多いのが血管性認知症で

約15%となっております。

 

 

レビー小体型認知症とは

レビー小体というものが

脳にできることで脳細胞が

死滅し生じる認知症です。

 

男性に多く、幻想、妄想、

うつ症状、パーキンソン症状

が見られるのが特徴です。

 

 

血管性認知症は脳梗塞や

脳出血が原因で起こる

認知症です。

 

これらの認知症もアルツハイマー型認知症

と同様、現時点では治療することは難しいです。

 

しかし残りの15%のなかには

治る認知症が含まれています。

 

残り15%の認知症の原因は

・栄養障害

・薬やアルコールの影響

・甲状腺機能低下症

・正常圧水頭症

・慢性硬膜下血腫

・脳腫瘍

 

などが挙げられます。

 

このようなものが原因であれば

治すことは可能です。

 

認知症=アルツハイマー

 

と考えてしまいがちですが、

治すことができる認知症の

可能性を探ることが重要です。

 

医師であっても治る認知症

である可能性を探ることを

怠りがちです。

 

 

栄養障害が原因であれば

不足している栄養を補えば

治ります。

 

甲状腺機能低下症であれば

薬を飲めば治ります。

 

薬やアルコールが原因であれば

それらを控えることで治ります。

 

正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫、

脳腫瘍も外科的治療で治せる可能性

はあります。

 

 

もしあなたの家族や友人、知人が

認知症と診断されても、

原因によっては治るものがあることを

教えてあげてください。

 

診断は専門医じゃないと難しいので、

認知症を専門としている科のある

病院で相談することをお勧めします。