簡単に分かるオプジーボ

 

こんにちは、

代表理事の保田です。

 

ノーベル医学生理学賞を受賞した

京都大学・本庶佑(ほんじょ・たすく)

特別教授の開発したオプジーボ

について、分かりやすく説明

します。

 

オプジーボを一言で

説明するならば、

 

「免疫細胞がガン細胞を攻撃

するのを活発にする薬」

 

です。

 

もう少し詳しく説明しますね。

 

ガン細胞は私たちの体の中で

日々生み出されています。

 

あなたの体も例外ではありません。

 

それでもガンにならずに

すんでいるのは、免疫細胞が

ガン細胞を攻撃し排除して

くれているおかげです。

 

しかしガン細胞が免疫細胞の

攻撃をまぬがれると、ガン細胞が

増殖し塊となり、ガンになって

しまいます。

 

つまりガンは、ガン細胞が免疫細胞の

力を上回ると出現するわけです。

 

ガン細胞が免疫細胞の力を

上回るのには2パターン

あります。

 

ひとつは免疫細胞の力が

弱るパターンです。

 

睡眠不足や疲労、ストレス、

暴飲暴食、運動不足などが

原因で免疫細胞の力は弱まり

ます。

 

もう一つはガン細胞が

免疫細胞の攻撃を逃れる

パターンです。

 

ガン細胞は免疫細胞の

攻撃を逃れるために色々な

手段をとってきます。

 

攻撃を逃れる手段のひとつとして、

免疫細胞の働きを抑える物質を

放出する方法があります。

 

オプジーボは、この免疫細胞の

働きを抑える物質をブロック

する薬です。

 

ガン細胞が免疫細胞の働きを

抑えるために放出する物質を

PD-L1といいます。

 

このPD‐L1が免疫細胞に付くのを

ブロックすることで、免疫細胞の働きが

抑えられずにすみ、

 

免疫力が保たれ、ガン細胞が減っていき、

最終的にはガンが消滅する可能性も

あるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

小野薬品工業株式会社 ONO ONCOLOGYより抜粋

 

とても素晴らしい薬ですが、これで

すべてのガンが消滅するわけでは

ありません。

 

ガンの種類によって効果に差は

ありますし、人によっても効果が

異なります。

 

まだまだ改良の余地はありますが

オプジーボのような免疫療法の

登場によって、助かる人の数は

確実に増えています。

 

しかも従来の手術や抗ガン剤、

放射線療法のような体を破壊する

治療に比べ、免疫療法は体に優しい

治療です。

 

私自身、抗ガン剤治療と同時に

リツキサンという免疫細胞に

作用する薬を使用したので

免疫療法の良さは実感しました。

 

抗ガン剤には激しい副作用が

出現しとても苦しみましたが、

 

免疫細胞に作用する薬には

副作用が全くありませんでした。

 

免疫療法をはじめ、さまざまな

ガン治療が開発されています。

 

私の知り合いのアメリカ人医師は

20年以内にガンは治る病気に

なるだとうと言っていました。

 

医学の進歩は目を見張るものが

あります。

 

2012年ノーベル医学生理学賞

された山中伸弥教授のiPS細胞の

発見もそうでしたが、

 

日本人の研究が、医学の進歩に

貢献し、世界中の多くの人を救って

いることを誇らしく思います。

その一方で、本庶先生が会見で

述べられていたように、

日本では他の先進国に比べ、

ライフサイエンスに使われる資金が

少ないのを嘆かわしく思います。

 

今回の本庶先生の受賞をきっかけに

ライフサイエンス分野への関心が

高まればと思います。