痛みをとりたければ・・・

 

こんにちは!

代表理事の保田です。

 

痛みには大きく分けて

 

  • 侵害受容性疼痛
  • 神経障害性疼痛
  • 筋筋膜性疼痛

 

の3つがあります。

 

  • 侵害受容性疼痛とは、転んだり

ぶつけたりしてケガをしたときに

感じるような体性痛や、腹痛などの

内臓痛のことを指します。

 

  • 神経障害性疼痛とはケガで神経を損傷

したり、椎間板ヘルニアや腫瘍などで

神経が圧迫されて生じる痛みのことです。

 

  • 筋筋膜性疼痛とは筋肉を覆っている

筋膜に由来する痛みのことです。

 

⓵や②に対しては痛み止めの内服や

注射が治療の中心となります。

場合によっては手術

(骨折した骨をスクリューやプレート

で接合したり、神経をつないだり、

圧迫しているヘルニアや腫瘍を

切除したり)によって治療を行います。

 

しかし③は内服や注射、手術では対応

できません。

 

筋筋膜性疼痛は不動化によって

出現し増悪します。

 

よって運動することが最良の治療と

なります。

 

痛みを訴える終末期患者のうち

じつに91%のもの人に筋筋膜性疼痛が

認められたとの報告があるほど

高頻度に認める痛みです。

 

痛みを和らげるという観点からも

御高齢者や障害者の方、終末期の方には

リハビリが必要です。

 

 

最近になり日本でもようやく

ガン患者さんへのリハビリが

積極的に行われるようになって

きました。

 

ガンが治る時代になったことで

治療後に元の生活に戻るため

リハビリが重要だと認識されて

きたことに加え、

 

痛みの緩和にリハビリが重要だと

分かってきたからです。

 

私自身、二度のガン治療で

リハビリによって痛みが和らぐ

のを実感しました。

 

体中に耐え難い痛みがあることに

加え、強い倦怠感があり、歩くこと

すら苦痛だったのですが、

 

リハビリを行うことで痛みも倦怠感も

軽くなるのを実感しました。

 

この経験が現在の在宅リハビリを普及

するという使命につながっています。

 

誰もがリハビリを受けられる社会を創るため

今後も活動を続けていきます。