あなたのロコモ度は?

 

こんにちは!

代表理事の保田です。

 

国が提唱した

 

『新健康フロンティア戦略』の中で、

 

「介護予防対策の一層の推進

(介護予防力)」

 

が重点分野に挙げられています。

 

 

要介護の原因の20%以上が骨折や

関節の変形などの運動器疾患である

ことから、筋力やバランス能力を

高めることが重要だと考えられて

います。

 

日本整形外科学会では、メタボ

(メタボリックシンドローム)

に対抗して、

ロコモ(ロコモティブシンドローム)

という概念を提唱しました。

 

ロコモとは運動器(骨、筋肉、関節、

神経など)の障害によって、要介護に

なる危険の高い状態を呼びます。

 

 

運動器の障害とは、骨粗しょう症や

それに伴う骨折のほかに、

 

変形性膝関節症、変形性股関節症、

腰部脊柱管狭窄症などが含まれます。

 

 

2015年からロコモの判定は2つの運動

(下肢筋力

 https://locomo-joa.jp/check/test/stand-up.html

歩幅

 https://locomo-joa.jp/check/test/two-step.html )

 

1つの質問票

 https://locomo-joa.jp/check/test/locomo25.html

 

で行うようになっています。

 

 

結果によってロコモ度1、2と判定されます。

 

ロコモ度1の人は自助努力を行うことで

対応するとなっていますが、

ロコモ度2の人には整形外科の受診を

勧めることとなっています。

 

興味のある方はテストしてみてください!: