老化細胞の真の恐ろしさ

こんにちは!

代表理事の保田です。

 

前回老化とは細胞が限界まで

分裂を繰り返し、テロメアが

短くなり分裂できなくなった

状態だと説明しました。

 

今回は分裂できなくなった

細胞=老化細胞が及ぼす

真の恐ろしさについて

説明します。

 

 

正常の細胞は一定期間を

過ぎると死滅するように

プログラミングされています。

 

そのおかげで古い細胞が次々と

新しい細胞に入れ替わっていき、

体はフレッシュな状態を維持

しています。

 

 

しかし老化細胞は違います。

老化細胞は死滅することなく

体内に生存し続け、蓄積されて

いきます。

 

すると新しい細胞がどんどん

減っていき、やがて体内は

老化細胞だらけになって

しまいます。

 

これだけでも老化細胞はたちが悪い

のですが、さらなる悪さをします。

 

 

その悪さとは、老化細胞が

炎症を起こさせる物質

(IL-1,IL-6など)を分泌し

老化細胞の周囲に炎症を

起こさせることです。

 

この炎症は一般的な炎症

(風邪をひいて熱を出したり、

ケガをして腫れて熱を持つ

といったような急性の

強い炎症)とは違って

 

弱いレベルで持続する

慢性的な炎症です。

 

このような慢性的な炎症が

存在すると

 

・脂肪組織では脂肪細胞が

増加する

 

・筋肉では筋肉量が減少する

 

・老化細胞がガン細胞に

変化する

 

・周囲の細胞をガン化させる

 

といったことが起こります。

 

年をとると筋肉が落ちて

太りやすくなったり、

ガンになりやすくなるのは

老化細胞の影響だと考えられて

います。

 

慢性炎症をいかに抑えるかが

老化予防、ガン予防の鍵を

握っていると考えられ、様々な

研究が行われています。

 

今後の研究成果に期待したい

です。