ソーシャルキャピタルって知ってますか?

こんにちは!

代表理事の保田です。

 

ご高齢者が健康でいるために

必要なことは何だと思いますか?

 

あなたの頭に浮かんだのは恐らく

 

・運動

・食事

・禁煙

 

などだと思います。

 

 

確かにこのようなことも

大切なんですが、最近注目

されているものがあります。

 

それが

「ソーシャルキャピタル」

です。

 

ソーシャルキャピタル

(Social Capital:以下SC)とは

直訳すると「社会関係資本」と

なります。

 

社会関係資本を

一言で説明すると

 

人々が関係を持ち、共に行動

することで培われるものです。

 

健康に関するSCとしては、

ボランティアや趣味の集まり

などを通して人と関りを持つ

結果、健康になるという

ものがあります。

 

実際に月に1回以上

ボランティアやスポーツ、

趣味などの社会参加がある

ご高齢者は、そうでない人に

比べると、

 

高血圧のリスクが6%減っていた

という研究結果が出ています。

 

 

他にも社会参加している人の方が、

そうでない人に比べて、

 

・認知症になりにくい

・日常生活動作が維持される

・うつになりにくい

・転倒しにくい

・要介護のリスクが低くなる

・生活習慣病のリスクが低くなる

 

といった結果が出ています。

 

このような結果が出たのは、

社会参加することで、自然と

体を使うことになったり

人と会話をしたりするように

なり、

 

その結果、体や脳、心が刺激を

受けるためだと思います。

 

社会参加できる場を作ることが

健康な社会を作ることに

つながるんだと思います。

 

今まで機構は人材育成に力を

入れてきましたが、

 

今後は地域のご高齢者が集まって

気軽にリハビリを行える場を

作ることも考えていきたいと

思います。