痛みがなかなか治らないわけ

こんにちは!

代表理事の保田です。

 

長い間続く痛みを

慢性痛といいます。

 

日本には約2000万人(全人口の

約15%)もの人が慢性痛に

苦しんでいます。

 

慢性痛の部位として最も

多いのが腰で、全体の55%にも

及びます。

 

そのうち神経の障害や

骨、関節、筋肉の損傷など

理由が明確なものは15%で、

残り85%は原因がはっきりと

しません。

 

なぜはっきりとした原因もなく

痛みが慢性化するのでしょうか?

 

 

最近の研究で痛みが長引いて

慢性化する原因がいろいろ

分かってきました。

 

原因と考えられているものを

以下に列記します。

 

 

・ワインドアップが起こる。

 

ワインドアップとは、痛みが続くと

脊髄後角という痛みを伝える部位が

活性化し、痛みに敏感になる現象です。

 

実際に調べてみると、ヒザや股関節

などの軟骨が減って変形している人や、

肩の腱板という筋肉の束が傷んで

いる人は、痛みの感受性が全身

どこでも3~4倍になっています。

 

 

・精神状態が関係している。

 

ウツや不安、不眠などがあり

精神状態が不安定な人は

痛みを調節するボリュームが

大きくなっています。

 

そのため普通の人に比べて

痛みを強く感じます。

 

このような人は

精神的な問題を解決する

だけで、痛みが軽くなったり

なくなったりします。

 

 

このように慢性的な痛みは

色々な原因が複雑に絡み合って

いることが多いため、簡単に治す

ことは難しいです。

 

慢性の痛みに対する治療には

膨大な医療費が使われているため、

厚生労働省は「慢性の痛み政策」

に取り組んでいます。

 

その一環として【痛みセンター】を

全国21か所の大学附属病院

に設立しています。

https://paincenter.jp/hospital.html

 

 

痛みセンターとは

整形外科医以外に麻酔科医

(ペインクリニック)、

神経内科医、精神科医、

 

臨床心理士、看護師、

理学療法士、社会福祉士など

様々な分野の専門家がチームに

なって治療する部署です。

 

痛みセンターで治療を受けた

人のうち、約7割の人が

痛みが楽になっているそうです。

 

長引く痛みがある方がいれば

痛みセンターを受診することを

お勧めしてください。