iPS細胞で軟骨再生

こんにちは!

代表理事の保田です。

 

京都大学iPS細胞研究所

臨床応用研究部門から

iPS細胞を使った関節軟骨再生

についての報告がありました。

 

京都大学のiPS細胞といえば

山中伸弥教授がノーベル賞を

受賞したことで有名なので

ご存じの方も多いと思います。

 

iPS細胞とは、簡単に説明すると

皮膚や血液細胞に手を加えることで

できあがる細胞です。

 

ips細胞が凄いのは、全身の様々な

組織や臓器に変身させられるという

点です。

 

しかも老化することなく無限に

増殖させることができるんです!

 

山中教授が整形外科医という

こともあり、現在京都大学では

iPS細胞から軟骨組織を作り、

軟骨を損傷した部位に移植する

研究が進められています。

 

今までは軟骨を損傷してしまうと

治すことが難しく、手術によって

人工関節に置換するなどの方法

しかありませんでした。

 

人工関節に置換する手術には

様々な合併症があるばかりでなく、

10年~20年という耐用年数が

あるので、最良の治療とは

言えません。

 

もしiPS細胞を使って軟骨を

再生できるようになれば、

関節痛によって歩行が困難に

なっている多くの方が救われます。

 

 

すでにミニブタを用いた実験では

良好な結果が得られているそうです。

 

今後、ヒトへの応用を視野に入れて、

拒絶反応を起こしにくいタイプの

人からボランティアで提供された

細胞から作られたiPS細胞をストックする

 

『iPS細胞ストックプロジェクト』が

進められています。

 

軟骨再生以外にも

パーキンソン病や脊髄損傷、

心臓や角膜の病気などでも

実用に向け動き出しています。

 

今後の展開が楽しみです!