新型コロナワクチンの考慮事項

アメリカで行われた

新型コロナウイルスに対する

ワクチン接種に関して

中間報告が発表されました。

 

アメリカで認可されている

ファイザー社とモデルナ社の

ワクチンに対してのみですが、

考慮事項がまとめられていたので

お伝えします。

 

 

■許可された年齢は

ファイザー:16歳以上

モデルナ:18歳以上

 

☆インフルエンザと違って

子供には投与できません。

 

■投与間隔は

ファイザー:3週間

モデルナ:1カ月

 

☆製造会社によって投与間隔が

異なるので、2回目の投与を

忘れてしまったり、投与間隔を

間違える可能性があります。

 

■ベル麻痺出現の可能性

 

両社のワクチンで接種後

ベル麻痺の出現が報告

されています。

 

※ベル麻痺とは顔面神経麻痺

の一種で、顔の片側半分の

筋力が低下する麻痺です

 

☆ワクチンとの因果関係は

明らかではありませんが、

起こる可能性はあると

思った方がよいでしょう。

 

■妊娠中、授乳中の安全性は

不明

 

免疫不全、自己免疫疾患の

ある場合、安全性および有効性

に関するデータはない

 

☆今後明らかになってくると

思われます。

 

■局所反応(注射した部位に

出現する腫れや痛み、赤みなど)

が80~89%起こる。

 

全身症状(発熱、疲労感、

頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛)

が55~83%起こる。

 

☆何らかの副反応は起こると

考えられます。

 

■アナフィラキシー反応が

報告されている。

 

※アナフィラキシー反応とは

アレルギー反応の重篤なもので、

じんましんに加えて血管性浮腫、

呼吸困難などが生じ、救急処置

しなければ死亡する危険性が高い。

 

☆過去に一度でも新型コロナ

ウイルスのワクチンでアレルギー

反応が出た場合はワクチン接種を

してはいけないことになって

います。

 

 

報告書から重要な部分を

抜き出すと以上のように

なっています。

 

 

これに加え、両社ともに

mRNAワクチンと呼ばれる種類の

ワクチンに分類されるのですが、

mRNAワクチンは私たちの遺伝子に

組み込まれる可能性があります。

 

遺伝子に組み込まれないよう

設計しているとのことですが

100%組み込まれないという

保証はありません。

 

mRNAワクチンは過去に使用

されたことのないワクチンで

あるため、未知の部分が

多いです。

 

 

このようなリスクがあることを

知ったうえで、ワクチン接種を

行うか判断してください。