睡眠が一番の予防

こんにちは!

代表理事の保田です。

 

睡眠障害、不眠症などがあると、

コロナウイルス感染のリスクや

重症化する可能性が高くなり、

さらに回復までの期間が長くなる

ことが明らかになりました。

 

BMJ Nutrition Prevention & Health誌

に掲載された今回の研究では、

フランス、ドイツ、イタリア、

スペイン、英国、米国の医療従事者

3,000人を対象に調査を行いました。

 

その結果、夜間の睡眠時間が

1時間増えるごとに、感染の確率が

12%低下することがわかりました。

 

また、睡眠に問題がない人と比較して、

入眠困難、睡眠維持困難、1週間に

3日以上睡眠薬を使用しなければ

ならないなどの問題を抱える人は、

感染する確率が88%高くなることが

わかりました。

 

睡眠不足や睡眠障害は、

風邪やインフルエンザなど

ウイルスによる感染のリスクを

高めるだけでなく、

 

糖尿病、心血管疾患、筋骨格系疾患、

死因などと関連しているという

研究結果が数多く存在しています。

 

睡眠不足によって免疫細胞の一種

であるT細胞の能力が低下する

こともわかっています。

 

また睡眠不足は、病原体やワクチンに

反応して体内で作られる抗体の

産生能力を低下させるという

証拠もあります。

 

感染予防のために十分な

睡眠を心がけましょう!